ピアノアーティスト内藤優花音の音楽大冒険

音楽で冒険を!魂の輝き・素晴らしさを思いだそう。作曲のヒントは自然との触れ合いから。

赤い蛇の13日間を振り返ってみたよ

「13の月の暦」によると

5月23日から6月4日までが「赤い蛇の13日間」でした

 

この13日間を終えて

気づいたことなど振り返ってみようと思います

 

写真は先日撮影した玉川上水沿いの紫陽花

f:id:yukane_naito:20180606113139j:image

 

 

まず大きな動きとして

 

よりピュアな気持ちを受け入れることができた

 

ということが挙げられるね

 

特に母性に関連するピュアな気持ち、家庭・子どもといったものへのイメージをほっこりと受け入れることができた

 

例えばね

先日絵本の読み聞かせをしてもらう機会があったのね 

 

 

絵本のタイトルは

 

「生まれてきてくれて ありがとう」

 

でした

 

私ね

 

正直な話絵本って苦手なの

 

必ずしも嫌いなわけじゃないんだけど

 

大体泣いちゃうからね

 

感動する涙の作品も多いけど

中には悲しい涙が流れる絵本もあるし・・・

こういうのって辛いんだわ

 

大人向け・子ども向けにかかわらず

絵本は基本的に避けてるの

 

でもね今回読み聞かせてもらった絵本は

いつもどおり号泣しちゃったんだけど(恥ずかしい)

とても読後感が良かったのね♪

 

親御さんが子どもを思う気持ち

そういったものが脈々と感じ取れる素敵な絵本だったのね

 

号泣してる時はとても苦しいです

嗚咽しちゃうので息が苦しいのね

 

でもねこの絵本に関してはなんだか

清々しい感動が残ったの

 

これも私の心境が変わりつつある結果かなぁなんて思ってる

 

 

 

 

あともう一つ気づいたことがあるね

 

それはね

人間関係で試されることが多かった

って事

 

私はこれからどんな人間関係を創っていきたいのか

自分自身に明確に問う出来事の続いた13日間でした

 

私はね、私の音楽に共感してくれる人ともっとつながりたい

 

この一言に尽きるなーと言う事

これは正直な気持ちです

 

たとえ話として

「私自身が音楽家であることに

興味を示さないようなお知り合いとは

あまり親密な交流はできないなぁ」

 

・・・そんな風に思った

 

なぜなら

アーティストにとっては

自分のアートは自分自身そのもの・根源的なもの・だから

 

そこへの共感が薄い人とは

根本的には理解し合えないと思う

 

断言してしまうのも危険なのかもだけど・・・

なんとなく、そんな気がするんだ

 

それと関連して気づいたことがあるよ

 

こちらが魂込めて作り上げるものについて

どんな言葉、どんな態度を示してくれるかで

相手が真の友人・理解者なのかがよく分かる

 

ここまで書いて

我ながらとてもわがままな自分だなぁと思う

 

でも本音なのよ

 

この本音を無視してたら

私は先に進めないなって気づいたんだ

だからあえてこの本音に向き合って受け入れたの

 

その延長で

自分の肩書を「ピアノアーティスト」に変えた

blog.yukane-naito.com

 

そんな13日間でした

ワタシ的には盛りだくさんだったわー

お読みくださりありがとうございました(^^)

 

オリジナルCDアルバムを6月16日にリリースします

CDについて⇒https://www.yukane-naito.com/cd 

オリジナルCDアルバム制作風景 その4

おはようございます😃

 

6月16日にリリースするCDアルバム「クリスタルな氣分」の制作風景を書きますね

 

今回のCDアルバムには

収録曲をイメージした絵(写真含む)と詩を掲載した

ブックレットをお付けしています

 

CDブックレットは

原稿を3回提出してようやく完成しました

 

 

表紙は水彩画教室で描かせていただいた霧の森の作品です

f:id:yukane_naito:20180603090416j:image

 


意外に苦労したのが「文字」

 


繊細な雰囲気の明朝体にしたかったのですが

文字がかすれる恐れがありました

 


「ならば、はっきりした字体のゴシック形式にしよう!サイズも大きめに!読みづらいよりはよっぽどいいよね!!」

 

 

印刷会社から送ってもらったサンプルを確認したところ、はっきり読めるものの元気がよすぎてイメージに合いませんでした

 

文字のサイズもイマイチな感じ

 

※印刷会社さんには私が提出した原稿データを印刷していただくという契約なので、印刷会社さんの落ち度は全くありません

 

↓こちらは試作版の裏表紙

f:id:yukane_naito:20180603090608j:image

 


「こうなったら3度目の正直だ!!」

 


フォントを明朝体に戻して

サイズを統一

提出データの解像度も高くしました

 

すると…

ようやくいい感じに〜(;_;)

繊細ながら読みやすく仕上がっています

 

↓完成版の裏表紙

f:id:yukane_naito:20180603090850j:image

 


印刷会社の方々も親切に対応してくださり感謝してます

 


トライ&エラーを繰り返し完成した

初めてのCDアルバムです

 


CDについて⇒yukane-naito

肩書を「ピアノアーティスト」に変えてみた

先日ふと思い立ったことがあるんだ

 

いくつかあるんだけどね

 

まずは自分の肩書を変えたの!

 

「ピアニスト・作曲家」から

ピアノアーティスト」に変えたの

 

私はピアノ演奏と作曲を主にやっていますけども

 

基本的に1人で自由気ままにやってますし

(勉強中ではありますが)時折詩とか絵とか写真とかも

表現の一手段として発表することもあります

 

そんなことも踏まえて

「ピアニスト・作曲家」と書くよりも

「ピアノアーティスト」と書くほうが

今の私に合ってるような気がしたの

 

ピアノを中心に表現するアーティスト

という意味で

ピアノアーティスト」が今の私にしっくりくると思ったのね

 

↓写真は先日参加したワークショップで作った万華鏡より

f:id:yukane_naito:20180531200517j:image

 

 

それに合わせて

ブログのタイトルを変えたの(´∀`)

 

これまでは

「ピアニスト内藤優花音のミュージックアドベンチャー」

でしたが

「ピアノアーティスト内藤優花音の音楽大冒険」

変えました

 

このタイトルはちょっと長いような気もするんですが

とりあえずこのタイトルでいってみたいと思います

 

それと合わせて

FacebookページやTwitterで使っている名前も

「ピアノアーティスト内藤優花音」

に変更しました

 

ひらめいてから結構すぐに変えました

本当に衝動的に…

 

 

 

 

合わせて

名刺を新調しようと思ってる

 

 

近年私は名刺は自作していました

 

なんでかと言うと

レイアウトを、結構頻繁に変えていたからなんです

 

大変お恥ずかしいことに

自分の「あり方」「スタイル」が明確になってなかったんです

 

試行錯誤の最中だったとも言えますが(^◇^;)

 

最近は自分の顔写真付きのデザインにしていたんですが

突然写真を差し替えたくなったりとか…

 

ホームページのURLに独自ドメインを導入してURLを変えたりとか

 

一昨年は作曲家と言う肩書きを加えることにしたり…

 

そして今回は

「ピアノアーティスト」

と言う肩書きを用いて

名刺レイアウトを刷新しようと思うの

 

縦書きにしたいんだ

私の個人事務所のミュージックアドベンチャーのロゴをどんと持ってきて

ピアノアーティストと言う肩書き

 

そして業務内容として

ピアノ演奏、作曲

演奏会開催、CD販売

クラシックとオリジナル曲

といった文言を入れるつもり

 

そして一言「音楽で冒険を!」も入れたいんだ

 

レイアウトはすっきりとしたものにしたいので

文言は厳選するつもりだけどね(//∇//)

 

 

 

そして印刷は

印刷会社さんにお願いしようと思ってる

 

 

紙の質とかインクの質が

印刷会社さんのは

やっぱりいいなと思うから

 

名刺のレイアウトは自分で作るつもりだけどね

 

今は変化の時みたい(´∀`)

 

ピアノアーティスト内藤優花音

どうぞお見知りおきを!!

オリジナルCDアルバムを6月16日にリリースします

CDについて⇒https://www.yukane-naito.com/cd