読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内藤優花音のピアニスト日記

ピアノ 作曲 絵 気づき を 書き綴っています

本当のわたしに戻る旅 その3

オーケストラに入って間も無く
主人も含めた仲間と
ピアノ三重奏をやることになった

 

ヴァイオリンが今の主人

チェロはオーケストラの仲間
ピアノはわたし


わたしのピアノ復帰の
きっかけになった

 

f:id:yukane_naito:20170313125920j:image

 

初めてピアノ三重奏で弾いた

記念すべき一曲目は

メンデルスゾーンの

ピアノ三重奏曲第1番第1楽章

 

たいへん華やかで

耳に残るメロディが印象的な曲

一度聴いたら忘れられない

ピアノ三重奏曲の名曲である

 

この曲は

三重奏を始める少し前に

生演奏を聴いたことがある

弦楽器は確かロシアの方で

ピアノは日本の方だった

なんて素晴らしい曲かと

言葉を失うくらい感動したのを覚えている

そんなわけで

その曲を弾ける喜びに打ち震えたわたしは

ピアノ三重奏にのめり込んでいった

 

 

 

一方

ピアノのソロにも力を入れ始めた

 

2003年には勢いで
1回目のピアノソロ演奏会を開催した

 

演奏会の1番最初のきっかけについて

少し書いておきたいと思う

 

当時のわたしは

ものすごい肩こりだった

 

そんなわけで

週に一回から二回

整体

および

マッサージサロン

に通っていたのだ

 

マッサージサロンは

2001年くらいから通っていたように

記憶している

ラベンダーのアロマオイルを使ってくれ

とても深いリラクゼーションが得られた

 

セラピストのMさん(故人)は

わたしより22歳くらい年上の方だった

マッサージをしてもらったあとは

1時間〜2時間くらい

おしゃべりの時間を取ってくれた

 

 

 

…余談ですが

深いリラクゼーションの後に

セラピストとおしゃべりするのは

とても危険なことだと思います

 

なぜなら

そんなときに気分の良いことを

言ってもらうと

マインドコントロールのような

状態になってしまうから‼︎

 

そんなわけで

セラピストと親しくおしゃべりするのは

わたしはオススメしません  

個人的な意見なのでご参考に…

 

 

話を元に戻すとして…

2003年のある日

そのセラピストのMさんの

誕生日が近いということがわかった

 

そこで

わたしのピアノ演奏を

Mさんにプレゼントすることにした‼︎

 

わたしは

お客さんはMさんだけで良い

と思っていたが

Mさんは善意から

ご自分のお友達にも

声をかけてくださり

5名でわたしの演奏を聴いてくださった

 

それからMさんはこう仰った

「演奏会を続けなさいよ。」

 

続けて

「数字の意味って強いから

三回、五回、十回ってなっていったら

みんなスゴイって思うわよ」

という意味のことを仰ったような気がする

 

 

Mさんは背中を押してくださったのだ

 

それからというもの

毎年一回は

演奏会を開催するようになった
次回は15回目を迎える

 

…またまた余談ですが

少し考えるところもあり

Mさんとは後に

距離を開けていくこととなりました

数年前に鬼籍に入られました

 

兎にも角にもMさんは

わたしの人生における

大切な決断をサポートしてくださった方

本当にとても感謝しています

 

いま振り返ると

自分でも興味深いです

人生を変えるきっかけって

どこに転がっているか

わからないものですね…

 

 

 

それからというもの
芸術は爆発だー

となって笑笑

 

2003年より

現役のピアニストにご指導をお願いした

フランス帰りのピアニストの方で
惜しみなく繊細に指導していただいた