内藤優花音のピアニスト日記

[東京都国分寺]優しく力強いクラシック・オリジナル曲をお届けしています ☆このブログでは ピアノ 作曲 絵 気づき を 書き綴っています

本当のわたしに戻る旅 その5

f:id:yukane_naito:20170315131905j:image

 

あるとき転機が訪れた

2013年3月のことだ


2003年からご指導いただいていた

ピアニストの方に勧められ
とあるコンクールに出場したのだ

 

正直
あまりコンクールなど
試験っぽいものは
好きではなかった

なんともいえない緊張感が

好きではないのだ笑笑

それに

ピアノ演奏を点数で評価されるのも

できれば御免被りたい笑笑

 

ピアノの試験らしいものといえば

ちょっとした思い出があるので

書いておきたい

 

わたしは2歳から母からピアノを習い

3歳から国立音楽大学の音楽教室で

指導していただいた

 

そこでは

グレードのテストというのがあった

 

確か中学一年の時だったと思うが

一等をいただいたことがある

 

そのご縁で

翌年の音楽教室入学式で

ブラームスを弾かせていただいた

 

その際

当時の国立音楽大学の校長先生に

声をかけていただいた

 

たしか

「素晴らしい演奏でしたね」

と言っていただいたように記憶している

忘れられない思い出である

 

補足だがその後

音楽専門の高校の受験準備に入った

色々な事情で

音楽高校は受験せず

一般の高校に通った

 

その後は

2000年にピアノへ復帰した直後

コンクールに出場したことがあるくらいだ

 

それ以来

長年ピアノの試験らしいものから

遠ざかっていたわたしが

なぜかこのときは

コンクールに出場する気になった

 

そして

なぜか入賞できた

 

正直

とても嬉しかった

 

コツコツ積み重ねたものが

ようやく花開いた気がした

 

もちろん

コンクールなどの結果が

全てではないと思っている

 

しかし

「一つ肩書きができた」

とおもうと

気持ちが軽くなったような気がした

 

 

それと同時期に
父が69歳の若さで他界した


母は既に他界していたので
両親ともに旅立ってしまったことになる

 

わたしには

社会人になっている弟がいるが

あまりに急な父の死に

姉弟2人

たいへん驚いてしまった

 

そんなとき
コンクール入賞者は
イタリアで演奏できるという
話をいただいた


イタリアの

2013年8月に開かれる

とある音楽祭の舞台だという

 

 

その時のわたしは

こう思った

 

「なんとしても
イタリアで弾きたい」


「イタリアの人々が
わたしの演奏で
どんな反応をするか
見てみたい」


そしてこうも思った


「会社にはもう戻れない」

 

そして
先のことは考えず退職した

 

退職を申し出たのは

2013年5月

退職日は

2013年7月末だ


1997年から16年間

お世話になった会社だった
今でもとても感謝している

 

なぜスンナリ退職を決意できたのかは
自分でもわからない
時期が来た…としか言えない

 

2013年8月上旬

イタリアの音楽祭で

ショパンとシューベルトを弾いた

 

 

 

 

音楽祭の練習は

古い教会だった

演奏会もその教会で開かれた

 

ピアノはベヒシュタイン

石造りの教会だから

音がものすごく反響した

 

教会で練習しているとき

しばしば旅人が立ち寄り

聴いてくれ

拍手をしてくれた

イギリスの方、イタリアの方が多かった

 

イタリアの方々にも
わたしの演奏が通じると
感じることができた
とても貴重な経験だった
やはり音楽は
国境を言葉を超えるのだ

日本人のわたしの演奏が
クラシック音楽の本場である
ヨーロッパで通じたのは
本当に貴重な経験だった

 

 

 演奏会が終わった後

その足で
北イタリア〜南フランスを旅してきた

 

わたしの退職記念だ(≧∇≦)!

 

音楽祭のメンバーとローマで別れた後

1人でピサ、ジェノバを観光した

 

fs線での移動だったが

フランスとの国境

ベンメリアでの乗り換えが分からず

ちょっと焦った

 

周りの人に聞いても

「I have a same question.」

と言われるばかり笑笑

みんなちょっとしたパニックになっていた笑笑

 

でも

どこからともなく

親切なお爺様が

乗り場をみんなにアナウンスしてくれた

 

無事にフランスに入国でき

ニースに到着した


ニースで後から来た主人と合流した‼︎

そして

南フランスを車で観光し

最後はルルドの泉を飲んで帰ってきた

 

とてもよい旅だった

 

それから半年後
2014年2月14日
開業届を出した

 

 

それまでの
枠組みをぶっ壊して
後先考えず行動したのは
生まれて初めて
だったかもしれない

 

それから
3年ほど時間をかけ
わたしは
わたしの時間とリズムを
取り戻した

 

3年という長い時間がかかったのにも

訳がある

これについては

また別の機会にお話ししたい

 

とりあえず

「本当のわたしに戻る旅」は

これにて完了

 

お読みくださり

ありがとうございました