内藤優花音のピアニスト日記

[東京都国分寺]優しく力強いクラシック・オリジナル曲をお届けしています ☆このブログでは ピアノ 作曲 絵 気づき を 書き綴っています

「◯◯は△△すべきだ」という意見に対して

先日

久しぶりにお会いする方と食事をする機会がありました

 

 

そのとき

相手の方が

「◯◯は△△するしか仕事ないよね」

って意味のことをおっしゃったのです

 

 

具体的に書くのは控えますが

言い換えると

「◯◯は△△すべきだ」

と言っておられるようです

 

◯◯には特定の性別

△△は特定の行動 

が入ります

 

 

わたしは

「それについてはノーコメント」

と答えました

 

 

実際

「△△していない◯◯の方」にも

知り合いがいますし

個人の事情や

個人の特性もあります

 

他人から

「○○すべきだ」

といわれる筋合いはないと思うのです

 

裏を返せば

「◯◯は△△すべきだ」

と主張なさる方は

「世の中が□□なのは△△しない◯◯のせい」

という思考が根底にあるのではないでしょうか

 

 

 

 

わたしは

このような意見に対し

基本的にノーコメントにしています

 

あえて回答するならば

「人それぞれだと思います」

と回答するようにしています

 

 

なぜなら

他人をコントロールすることはできないからです

 

権力者は他人に命令して行動を強制することはできますが

心の底から他人をコントロールすることは

できないでしょう

 

他人が心の底から共感して行動する場合はあるでしょうが

これは本当に共感しているのだから「コントロール」ではないですよね

 

ということで

 

他人をコントロールすることを考えるより

自分が良いと感じる行動をすること

 

これが大切なんじゃないかな

と思いました

 

 

なんとなく気になった出来事だったので

よくよく内観して

ブログの記事にしてみました

 

 

お読みくださりありがとうございました

 

f:id:yukane_naito:20170721182032j:image 

写真はわたしが撮影したサンマリノの要塞