内藤優花音のピアニスト日記

[東京都国分寺]優しく力強いクラシック・オリジナル曲をお届けしています ☆このブログでは ピアノ 作曲 絵 気づき を 書き綴っています

風邪だと思ったらギフト!オリジナル三曲のゴールが見えた!

おはようございます😃

 

久しぶりに風邪をひいていたのですが、おかげさまでだいぶ元気になりました(*´∇`*)

 

風邪をきっかけに2年ぶりに喘息の症状が出ました。

 

そんなわけで、数日家に引きこもっていました。

 

何せ苦しいので、ピアノは長時間弾けないし、家事も普段より捗らないので、「参ったな〜」と思っていたのですが、今思えばこの期間はギフトでした(*´∇`*)

 

写真は私の撮影。数年前のもの。マウイ島のブラックロックという溶岩の岬です。

f:id:yukane_naito:20171106113110j:image

 

 

引きこもっていた間に、オリジナル曲三曲がある程度出来上がったのです!

 

これって私にとってはとても大きなことなんです!

 

この三曲は12月9日に開催する演奏会で初演しようと決めているもの。

 

ある程度のメロディはすでに降りて来ていましたが、人様に全曲通して聴いていただくまでに至っていなかったんです。

 

一つの曲として世に送り出すには、曲の構成のほか、和声の動きや厚みなど、試行錯誤を繰り返して構築していく工程が必要です。

 

それが、引きこもっていた三日間で、八割がた出来上がってしまったの!

 

これは自分でも驚きました‼️

 

不思議と作曲中は喘息の苦しさも和らぎ、創作の手は動き続けました。

 

そして気づいたらほぼ出来上がっている!!

 

彫刻などで例えると、石や木から彫刻を掘り出した直後のような感じです。

 

もちろんまだ「完成」ではなく、何度も試弾を繰り返し、デフォルメを繰り返していきます。

 

この工程は彫刻で言うと表面を磨くなどして、思い描く仕上がりに仕上げていく段階です。

 

この工程は時間はかかりますが、ほぼ出来上がっているので、ゴールは見えているんですね。

 

そして、この工程の間に、楽曲に対する私の感性が言語化してくるのですよ。

 

前回や前々回の記事にも少し書きましたが、楽曲に関連する詩・言葉が思い浮かんでくるのね。

 

演奏会まであと一ヶ月あまりですが、その間、ブラッシュアップは続けていきます。

 

また新たな詩が降りてくるかもしれない🌈

 

降りてきたら、私の備忘録も含めて、ブログでシェアしますね(*´∇`*)

 

お読みくださりありがとうございました😊

素敵な午後をお過ごしくださいね🌟

 

 


オリジナル曲チラ見せ!「銀河にかける橋」内藤優花音