内藤優花音のピアニスト日記

[東京都国分寺]優しく力強いクラシック・オリジナル曲をお届けしています ☆このブログでは ピアノ 作曲 絵 気づき を 書き綴っています

映画・本・展示会は創造のヒントとなる

このところ、映画やら本やら色々鑑賞し、創造のヒントをいただいています。

 

こんな見方もあるのか、とか…。

自分一人では気づかないなにかを得られるのね。

 

 

 

たとえば先日、有楽町で映画を観ました。

豪華に二本連続で観たよ。

 

一本めは「ポリーナ、私を踊る」。
これから観る人もいるかもだから、詳しく書かないけど、ボリショイバレエ学校出身の主人公の「他人の振り付けを踊るのはいや!」というセリフが印象的💖
これからはやっぱり、クリエイトよ!
クリエイト!

 

f:id:yukane_naito:20171114122531j:image

 

2本目は坂本龍一さんのドキュメンタリー映画。

坂本さんの音楽・音への探究心や、インスピレーションの源を垣間見ることができたと思います。

あらゆる可能性にアンテナを張って、トライ・クリエイトを繰り返すご様子は胸が熱くなりました。

私も僭越ながら作曲家ですので、とても刺激を受けました。

 

写真は有楽町の駅の風景

 f:id:yukane_naito:20171114122555j:image

 

また別の日は国立の書道展に行ってきました。

私の悪友が出品しています笑笑。


そちらのお教室の師匠の松山静子先生には、私が小学校のとき、習字をご指導いただいていました。


先生にもお目にかかれて嬉しかったです。
書と版画・絵と融合した展示は雅でした。

 

f:id:yukane_naito:20171114122938j:image

 

 

そしてそして、フジ子・ヘミングさんピアノリサイタルを鑑賞しました!

 

ざっくりいいますが、かなり骨太な印象がしました。


「このメロディを響かせたい!」


と思ったらとことんそれを響かせるかんじです。

 

エオリアンハープとノクターンに、特に共感がもてました。

 

リストの「愛の夢」、「ラカンパネラ」については言葉にならない奥深さを感じました。

 

f:id:yukane_naito:20171114123118j:image

 

 

 こんな風に色々鑑賞しました。

 

他に本も読んだのですが、それについては別の記事で書きたいと思います。