ピアニスト内藤優花音のミュージックアドベンチャー

魂の輝き・素晴らしさを思い起こす音楽を届けたい。作曲のヒントは自然との触れ合いから。

ピアノ仲間の訃報を受けて

昨夜、ピアノ仲間の訃報を受けました。

ピアノ仲間と呼ぶには少し年齢的に目上の方なので、恐縮なのだけど…。

 

f:id:yukane_naito:20180225103152j:image

 

その方(ここではAさんと書きます)とは知り合って10数年になります。

Aさんは義理の姉の親友で、ピアノをかなり弾かれる方とのことでした。

当時、ピアノの本格的に復帰しようとしていた私は、ピアノの先生を探していました。

そこでAさんに、現役のピアニストの方を紹介していただいたのです。

それ以来、一昨年まで同じ先生の弟子同士として、交流させていただきました。

たまに食事に付き合っていただいたり、親切にしていただきました。

 

Aさんと最後にやり取りしたのは、一昨年12月末だったと記憶しています。

たしかメールをいただいたような気がします。

内容は、食事のお誘いでした。

たしかこんな内容でした(文面は意訳しています)。

 

優花音さんが12月の発表会に出ると思って楽しみにしていたのに、当日いらっしゃらなかったから残念でした。

もしかしたら、体調が悪いのかと思い、メールをしました。

よかったら、近々食事に行きませんか?

 

そうなんです。

10数年お世話になったピアニストの先生の元で、毎年12月は発表会に参加させていただいていました。

Aさんも基本的には参加なさっていました。

 

しかし、一昨年の発表会については、私自身の演奏のスケジュールが詰まってしまったので、あえなく不参加とさせていただいたのです。

(ピアニストの先生には、発表会3週間前までには不参加のお知らせをさせていただいきましたが、プログラムには私の名前が載ったままだったようです。)

 

ただ、Aさんがメールで心配してくださったような

「私の体調が悪い」

ということは全くありませんでした。

 

そこで、私は以下のような内容でお返事をしました(文章は意訳してます)。

 

お誘いありがとうございます。

おかげさまで、元気ですよ。

昨年末は演奏のご依頼が続いたので、やむを得ず発表会は不参加にさせていただきました。

また、お会いするのを楽しみにしています!

 

まさかこれが最後のやり取りになるとは思いもしませんでした。

またコンディションが整ったらお食事にお誘いしよう!と思っていたのです。

 

「この時、食事の約束をしていればよかったかも。。。」

・・・昨夜、そんな思いにも駆られました。

 

今年は年賀状をAさんからいただかなかったので、

「どうしたのかな?」

と思っていました。

 

ご本人の意向で、友人にも話さず、ご自宅で闘病なさっていたとのこと。。。

 

ちょうど、一昨日あたり、Aさんのことを思い出していました。

Aさんと知り合って間もなく、発表会で連弾をさせていただいたときのこと。

ブラームスのハンガリアン舞曲より2曲を取り上げました。

 

会社帰りに都心にあるAさん宅にお邪魔し、練習させていただきました。

夕食を御馳走になったこともあります。

 

Aさんのお父様に向けたファミリー演奏会にもゲスト出演させていただいたこともあります!

 

嬉しいことに、私の演奏会に何回も来てくださいました。

 

セレブな雰囲気の方でいらっしゃる一方、とても気さくで、優しい方でした

Aさんと出会え、交流させていただき、それまでの私に縁のなかった世界・考え方を見せていただけたと感じています。

本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

ご冥福をお祈りします。

 

Aさんへ

内藤優花音