ピアノアーティスト内藤優花音の音楽大冒険

音楽で冒険を!魂の輝き・素晴らしさを思いだそう。作曲のヒントは自然との触れ合いから。

プロフェッショナルとしてのスキル磨きのコツと、ピアノ即興曲 「心のゆらぎ 2018年8月4日」のシェア

こんにちは!

 今日はね、プロフェッショナルとしてのスキル磨きのコツと題して、記事を書いてみるよ。

 

ここでいうプロフェッショナルってのは、あくまでも超私的な視点での話。

要するに、私がフリーのピアニストになるまでにやってきたこと、そしてピアニストになってから実践していること・・そんなことを書きますね。

プロアマ問わず「アーティスト」の方にとって、多少なりとも参考になるんじゃないかと思う。

 

その前に、さっき弾いた即興曲をシェアしちゃうね。

ぶっつけ本番の一発撮りにしては、感情移入して弾けた気がするよ。

即興曲「心のゆらぎ 2018年8月4日」よりチラ聴かせ52秒です!

ピアノ演奏で書いた日記的な曲です。


即興曲「心のゆらぎ 2018年8月4日」よりチラ聴かせ52秒

 

プロフェッショナルとしてのスキル磨きのコツ

つづいて、プロフェッショナルとしてのスキル磨きのコツをちょろっと書いてみるね。

  

自分に合ったやり方を見つける 

 

私みたいなアート系で個人で活動している場合は、とにかく自分に合ったやり方を見つけるのがベストだと思う。

 

私の場合、こんなかんじです↓

 

1.無理なセールスはしない

2.とにかく練習する、(リサイタルなど)企画する、新曲を作曲する

3.練習や準備や作曲の過程をSNSで紹介する

4.1~3をやることで、お客さんに興味を持ってもらう

  

ざっくりこんなかんじ。

私の場合、1の「無理なセールスはしない」っていうのは、前々からのポリシーです。

 

リサイタルを開くときや、CD発売のお知らせは、ブログやらSNSやらメールなどでゆる~くさせてもらってます。

 

でも、新規のお客様にバリバリ営業をかけるってことは特にしないできました。

どうしても、性にあわないというか。。。

 

でもね、一方で、「私は営業ができない・・・」という劣等感が常にあったの。

会社員をしていた頃からあったね。

なぜかというと、営業ってビジネスの基本だと思い込んでいたから

 

でもでも、「営業しなければならない」という思い込みを捨てるのもアリだな!!と今は思う(^^)

 

あとね、2と3については、ここ数年間も実践してることね。

きっかけは、友人でもある作家さんが、そのようにアドバイスしてくれたから。

 

とにかく、練習(=アウトプット)して、その過程をSNSで紹介することで、感性が飛躍的に磨かれていく。

腕も上がっていくんだよね。

 

やっぱり、SNSで紹介するってことは、世間に公開するってことだから、多少は緊張して集中して臨むわけです。

この緊張感とサイクルが、プロフェッショナルとしてのスキルを間違いなく磨いてくれる。

 

自分への要求を高める

自分への要求を高めていくってのもとても大切。

続けていると、自然にそうなっていくものだと思います。

 

話が少しそれるけど、私は2003年からピアノリサイタルを開催しているんだよ。

これが大きなスキルアップのきっかけになったの。

 

というのも、自分でリサイタルを企画して、自分でお知らせしてお客さんに来ていただいて。。。ってことをするんだから。

 

最初の数回は入場料はいただかなかったけど、途中から入場料を頂戴するようにしました。

 

同じリサイタルを開催するんでも、入場無料と有料の差はものすごく大きい

正直な話、とっても緊張した。

 

私はピアノ演奏は2歳からやっているけど、音大に行っていないし、当時は会社員としてSE(システムエンジニア)をやっていたの。

そんな人間が有料のリサイタルを開催したら、世間になんと思われるか。。。

自分で企画しておいて、ものすごいプレッシャーを感じたものです。

 

それからは、またグンとスキルアップできたし、お客さんも私のことを「プロ」として、見てくださるようになりました。

 

お客さんの期待にさらに応えるため、リサイタルの内容も濃いものにしていきました。

選ぶ曲の難易度も自然と高くなっていったし、リサイタルそのもののテーマにもこだわりを持って企画するようになった。

リサイタルでのトークの内容もより深いものになっていった。

 

そんなとき、たまたま参加したピアノのコンクールで入賞させてもらい、2013年に16年間お世話になった会社を退職する決意ができ、現在に至るわけです。

 

おわりに 

 

簡単ではありますが、プロフェッショナルとしてのスキル磨きのコツを書かせていただきました。

 

「とにかく、やってみる」ってこと、応援・理解してくれる方々への感謝を胸に、活動していくことが、とても大切なことだと思います。

 

続けていれば必ずスキルアップするものです。

 

私もまだまだ自分のアートを探求していきたいと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとう!

 

最後に、冒頭で紹介した即興曲をもう一度紹介するね!

 

まだ聴いていない人は、ぜひ聴いてみて!

 


即興曲「心のゆらぎ 2018年8月4日」よりチラ聴かせ52秒