ピアノアーティスト内藤優花音の音楽大冒険

音楽で冒険を!魂の輝き・素晴らしさを思いだそう。作曲のヒントは自然との触れ合いから。

「心の拠り所があれば人間は生きていける」ってのと、即興曲「想い出の花畑」チラ聴かせ

おはようございます!

ピアノアーティストの内藤優花音です。

今日の国分寺は曇り空で涼しいです。

少し雨も降っていて、今は21度です。

とても過ごしやすい気候です。

 

今日はね、「心の拠り所」について書いてみようかと思います。

 

 

心の拠り所ってどんな場所?

辞書(コトバンク)によると、「頼みとするところ」「支えてくれるもの」などと出てきますね。たとえ、嫌なことがあっても、辛いことがあっても、拠り所があればなんとなく元気が出てくる。。。乗り越えられる。。。そんな場所って意味でしょうか。

 

皆さんは心の拠り所と聞いて、どんな場所を思い浮かべますか?

現在、ある場所、よく行く場所?

それとも、古い記憶にある場所?

 

写真はワークショップで作った万華鏡

f:id:yukane_naito:20180807112930j:image

私にとっての心の拠り所 

私にとっての心の拠り所は、今現在は自宅です。

自宅にさえ帰ってくれば、心も身体もほっとします。

ま、当たり前といえば当たり前ですけどね笑。

 

子どもの頃の拠り所も自宅でした。

それも、同居していたおばあちゃんの居室。

とっても具体的でしょう??

 

おばあちゃんはとても優しい人でした。

明治42年生まれで、いろいろなお話を聞かせてくれました。

百人一首の相手もしてくれたし、小児喘息だった私の背中をずっと擦ってくれたり。

 

正直な話、私は母とはそれほど仲良しではありませんでした。

しかし、おばあちゃんという拠り所があったので、精神的にずいぶんと支えてもらえました。

小学校などでクラスメイトに意地悪をされたときも、「もう学校に行きたくないな」と思ったものですが、おばあちゃんの居室のイメージを思い描くと、「おばあちゃんに心配させられない」と思い直したものです。

 

心の拠り所があれば、人間は生きていける

いま思えば、私にとって”おばあちゃんの居室”ってのは、「私を大切に扱ってくれる場所」だったのだと思う。

無条件に私を受け入れてくれ、癒やしてくれ、優しく扱ってくれる。

 

そんな場所の記憶があると、人間は生きていけると思うのです。

(正確には、生きていきやすい・・・かな。)

その場所は、過去の記憶の中の場所でも、良いと思うんだ。

そういう場所の記憶が少しでもあれば、「自分は誇らしい存在なのだ」という事実を思い出しやすいからね。

 

ちょっとスピリチュアルな話になるけど、人間って誰しも祝福される存在だよね。

でも、世知辛い世の中に揉まれるうちに、そのことを忘れてしまうことがある。

私も長いこと忘れていた時期があるよ。

 

でもね、今私達が生きているってことは、赤ちゃん時代に誰かがミルクを与えてくれたり、おしめを取り替えてくれたり、何らかのお世話をしてくれたから。

それは、とってもありがたいことだし、「私達それぞれが祝福された存在だから」なんだよね。

 

 心の拠り所と聞いても、ピンと来ない人もいるかもしれない。

でも、今現在あなたがこの世で生きているということは、誰かがあなたをお世話してくれたからだってことなんだよね。

その事実こそ、心の拠り所と考えられるのではないかしら?

そんな風に思いました。

 

 即興曲「想い出の花畑」チラ聴かせ

 

ここで、昨日弾いたばかりの即興曲「想い出の花畑」よりチラ聴かせ48秒しちゃいます!

この”花畑”ってのは、”心の拠り所”の比喩と思ってね♪

 

【曲に寄せる詩】
懐かしい記憶にある花畑...
今はもうない
あの花畑はどこにあったんだろう?
夢?幻?いや、確かにあった
でも、今は行くことができない
記憶の奥底にある想い出の花畑

 

私だけかもしれないけど、花畑っていうとなんだか懐かしさを感じるの。

昔観たアニメ(キャ◯ディキャ◯ディとか、ラ◯カルとか)に花畑がたくさん出てきたからかな?

一方で、こういう感情って、誰しも持っているんじゃないかしら?
共通の記憶なんじゃないかしら?・・・なんてふと思ったんだ。

それでは、聴いてみてね! 読んでくれてありがとう!


即興曲「想い出の花畑」よりチラ聴かせ49秒