内藤優花音のブログ

ピアノと作曲してます。日記的なものとかピアノ動画とか、いろいろ載せてる雑記ブログです。

自分を解放する〜思考・行動のクセは乗り越えられる〜

こんにちは!

ピアノアーティストの内藤優花音です。

 めっきり暑くなりましたね。

  

先日、息子が生後9ヶ月を迎えました。

子育てを通して、新鮮な発見と同時に、「わたしが子どもの頃はこうだったなー」なんて思い出したりすることが増えたんだよね。

 

そんな中で、ふと思ったことがあるんだ。

 

それはね、

「赤ちゃんの頃に思考のクセが出来上がる」

ってこと。

 

 そして、

小学校くらいまでに行動のクセが出来上がる

ってこと。

 

ちょっと書いてみるね。

 

長いので、興味のない方はスルーしてね。

 

f:id:yukane_naito:20190527163331j:image

 

 

 

思考のクセは赤ちゃんの頃に出来上がる

 

わたし自身の経験を踏まえて、そう思うんだ。

赤ちゃんの時期の環境は、かなり強い影響を後々与える。

 
例えば、この時期に愛情への渇望が刷り込まれればずっと渇望する人になる。

 

そして、これは私のケースなんだけど、この時期に他人を信頼することができないと、信頼できる人を探し、依存しやすくなる。

 

私には”信頼できる人”を探す思考のクセがあった 

 

赤ちゃんの時代からの思考のクセは、長いこと人生に影響を与え続ける。

でも、乗り越えるべきクセならば、乗り越えることができる。

 

 

私は長いこと”信頼できる人”を探す思考のクセがあった。

”信頼できる人”とは、話をしっかり聴いてくれ、元気づけてくれる人のこと。

こういった人の存在はとてもありがたいし、大切だと思う。

ただし、本人が弱い状況だと、”依存”になることがある。

 

 

私は、母(故人)と真の意味でわかりあえなかった。

私は物心ついたときからカンが鋭かったので、「母とはわかりあえない」ということを早い時期(幼稚園に上がるか上がらないかくらい)から感づいていた。

 

言葉でいくら説明しても、母にはどうにも届かない。

とてもまだるっこしかったし、悲しく、寂しかった。

母からは言葉の暴力、そして、ひっぱたかれるなどの軽い暴力も受けていた。

 

そんな私と気があったのは叔母(父(故人)の妹)だった。

当時は叔母も同居していたので、叔母が仕事から帰ってくるのが楽しみだった。

明るい性格で、私の話をよく聴いてくれた。

叔母と過ごす時間は、とても心地よかった。

 

今にして思えば、叔母は私を手なづけて、母を孤立させようとしていたのかもしれない。

それが原因で、母は私にあたったのかもしれない。

 

そんな叔母も、やがて結婚して実家をでることになった。

とても寂しかった。

 

気づいたら私は、私の話をじっくり聴いてくれる人・環境を探すようになった。

それは、学校の先生だったり、整体の先生だったりした。

 

社会人になってからも整体に通ったり、アロママッサージサロンに行ったりして、そこでのお喋りが最高のはけ口だった。

”依存”だったと思う。

 

当然ながら整体の先生とかサロンのセラピストはお友達ではない

 

わかっているつもりでも、少し虚しかった。

それに、そういった場所にいくには、時間もお金もかかる。

 かといって、肩こりがひどかったので、行くのを完全にやめるわけにもいかない。

 

「私は一生こういった場所に通わないと生きていけないのだろうか?」

 

そんな不安が頭をよぎった。

 

 しかしずっとあとのことになるが、そういった状況から抜け出すことができた。

 

 

 

 

小学校くらいまでに行動のクセが出来上がる

 

私は失敗するのが嫌だ、避けよう、という人生を長らく送ってきた。

そして、人にあまり期待しない。

私の「行動のクセ」だ。

 

思い返すと、親が失敗をものすごく恐れる人たちだった。

失敗は避けるべきことだと私に言って聞かせた。

 

さらに、それを強化するような出来事が小学校のときに起こった。

5年生のとき、児童会の選挙に落ちたのだ。

 

 

選挙に落ちたとき、両親は放っておいてくれた。

これはとてもありがたかった。

 

落選したことですごく傷ついたという記憶もないが、なんとなくその経験で、「合否がはっきり出るチャレンジはなるべく避けよう」と思った。

 

後から聞いた話だが、クラスメイトの女子の1グループは、わたしを応援するふりをしながら、私の選挙のポスターをわざと剥がしたり、私に投票しなかったときいた。

 

 

「人はそんなものなのだ」

 

そんなふうに、ただ理解した。

 

そして、6年生になったとき、また選挙があった。

 

立候補者を募る学級会が開かれた。

 

私は去年の落選の記憶もあるし、もう懲り懲りだったので出なかった。

 

しかし、ほかの男子が、「◯◯(私の旧姓)、でろよ」といった。

 

私は「出ないよ」と言った。

 

担任のK先生が言った。

 

「無理に出させちゃだめよ。自殺でもされたら困るから。」

 

学級会の司会が私に聞いた。

 

「◯◯(私の旧姓)さん、自殺するほど嫌ですか?」

 

私は本当に出たくなかったので「嫌です」と答えておいた。

 

担任の先生にも少しばかり怒りを覚えたが、「人はこんなものなのだ」と捉え、軽く流しておいた。

 

この件については、思い出したくもない出来事なので、記憶の奥底にずっと眠らせておいた。

 

しかし、その後の私の行動パターンに影響を与えた。

 

それは、「合否がつくようなチャレンジは避ける」こと。

 

そして、「人に期待しない」こと。

 

 

思考のクセ、行動のクセから抜け出す方法

 

やりかたはこんなふう。

  

「自分はこういうクセがあるかも・・・」ということを書き出す。

 

「自分はこういうクセがある」ということを素直に受け入れる。

 

「クセになったきっかけはなんだったか?」考えてみる。

 

クセのきっかけを経験した時の自分を癒すイメージを持つ。

 

時間がかかるかもしれないけど、確実な方法だと思う。

 

私も時間がかかりました。。。笑。

 

 

思いグセ、行動のクセは、悪いものではないと思う。

人生の最大の学びであることが多いよ。

 

 

おわりに

 

ずいぶんと長い記事になってしまった。

もし最後まで読んでくれたとしたら、ありがとう。

 

両親は多くの場合、私が失敗したとき、私の目の前で憔悴し、私を怒ったり、ああすれば良かった、こうすればよかったと延々と話すタイプだった。

 

そこには、後悔の念があり、今度はこうしよう、という前向きなビジョンはない。

だから、親に失敗を知られるのが嫌だった。

 

だから、あまり失敗しそうなあまりしないで生きてきた。

 

また、失敗するからやめろと言われそうなことは、親に内緒でやり続けた。

例えば、ピアノの演奏活動がそうである。

 

(父が亡くなる数年前から、演奏会に誘って来てもらうようにしたが、長いこと内緒にしていた)


両親が亡くなった後も、その思い癖は長らく残っていた。

 

しかし、実家じまいに伴う過去への向き合いをしっかりしたら、「失敗して親に怒られるのが嫌だ」と思っていた昔の自分に気づいた。

 

また、そういう反応をしてしまう親のことも理解できるようになった。

 


そんな自分や親へのそこはかとない愛情を自分の中にいだけるほどに自分は成長していたのだ。

 


もう当時の自分を癒せた。

 

そのおかげで、失敗が怖い、避けよう、という思い癖はかなり柔らいだ。

失敗する怖さ以上に、チャレンジした後に開ける可能性に意識を向ける楽しさを感じている。

 


こうして、人は成長していくんだなとしみじみと感じた。