自然体のピアニスト内藤優花音のブログ

ピアノと作曲してます。日記的なものとかピアノ動画とか、いろいろ載せてる雑記ブログです。

即興演奏「まどろみ」と最近の出来事

こんにちはー

 

先日ようやく新月ピアノアップした

 

 

私ね

 

新月・満月の日にトーク付きのピアノ動画をYouTubeにアップしてるんだ

 

新月満月のリズムを感じ取るととても心地が良いので

 

その前後にゆるーくピアノ弾いてアップしてるんだよね

 

でもね

 

今回はそれがかなり遅れてしまい

 

新月から六日遅れてアップした

 

理由は新月ピアノの動画で語ってる

 

ぶっちゃけ疲労が原因ね

 

 

無意識的に弾いた即興演奏が何気に心地よいので

 

今回はそれを新月ピアノにしたんだ

 

よかったら聴いてみてね

 

即興演奏のタイトルは「まどろみ」にしたよ

 

 

 

ちょっと忙し過ぎた

 

今回の疲労の原因はいくつかある

 

9月に入って寒暖差が激しくなったことや

 

動画でも語ってるけど子どもに関することでめちゃくちゃ緊張する場面があって

 

それは取り越し苦労だったんだけど

 

ダメージは結構大きくて

 

すぐには回復しなかった

 

そのほか

 

自分に原因があるんだけど

 

最近ちょこちょこと忙しくし過ぎてたような気がする

 

何気に新しいことをちょこちょこやりたくなって

 

そういったことを消化する時間が足りなくて疲労が溜まったのかもしれないな

 

この後

 

最近の出来事を取り留めなく書いてみるね

 

 

最近の出来事

 

 

牛乳パックですみっコぐらしのおうちを作ってみた

 

近所の西松屋で牛乳パックを使って

 

すみっコぐらしのおうちを作るキットを見つけて

 

買っちゃったんだよね

 

f:id:yukane_naito:20221003090625j:image

 

なんかエコな感じもするし

 

楽しそうだし

 

何よりすみっコぐらし大好きな息子が喜ぶんじゃないかと思って

 

牛乳パック3個使うので3個たまるのを待って

 

作ってみたよ

 

牛乳パックたまるまでの間

 

息子が「すみっこのおうち作ろう」って何回もせがんで笑

 

「3つたまるまで待とうね」って説得する毎日だったわ笑

 

作ってみたら意外と大変で笑

 

ぶっちゃけ内装工事のミニチュア版って感じで

 

壁紙を牛乳パックの内側に貼るのがなかなか難しかった

 

綺麗に貼るのは難しいね笑

 

でも出来上がって私も嬉しかった

 

2階建てで色合いも可愛くて


f:id:yukane_naito:20221003090609j:image

 

滑り台なんかもつけられて

 

息子も喜んでくれて

 

作ってよかったなと思ったわ

 

f:id:yukane_naito:20221003090606j:image

 

絵本のプレゼント

 

絵本を買った

 

基本的に息子向けなんだけど

 

私も興味があったので

 

「しんかんせんでビューン」

 

f:id:yukane_naito:20221003090635j:image

 

絵がとても秀逸で駅の構造とか

 

線路や道路の入り組み方が

 

把握できるイラストになってるんだ

 

「11ぴきのねことあほうどり」


f:id:yukane_naito:20221003090638j:image

 

息子は11ぴきのねこシリーズが好きなんだけど

 

これは持っていなかった

 

それに私にとっても思い出深い本で

 

私の幼稚園の教室に置いてあったんだよね

 

改めて読んでみたくなったの

 

すみっコぐらしのお金セットを開けた

 

f:id:yukane_naito:20221003090632j:image

 

ちょっと前に買っておいたおもちゃのお金セット

 

先日ようやく息子に見せて開けてみた

 

可愛いお財布もついているし

 

紙のクレジットカードやICカードもついてる

 

お金のイメージが身に付いてくれたらいいなーって思ってる

 

 

セリアで暮らしに役立つものを見繕ってきた

 

子どもが幼稚園に行ってる時間ってあっという間なんだけど

 

先日特別にセリアに行ってきた

 

特に目的を持たずボーッと行ってきたんだけど

 

暮らしに役立つものが見つかったから買ってきたんだ

 

とても楽しかったな

 

薄手のまな板

 

f:id:yukane_naito:20221003090602j:image

 

木のまな板を使っているんだけど

 

肉や魚を切るときに木のまな板の上にこれを置けば洗う手間が楽になるかなと

 

たわむ素材だから野菜を切った時も鍋に移すのが楽なので買ってよかったわ

 

その他料理グッズ
 

柄の短い軽量スプーン

f:id:yukane_naito:20221003090621j:image

砂糖や塩のキャニスターに入れっぱなしにできる

 

これまでいわゆる大さじ、小さじを使ってたんだけど

 

その都度洗うのが面倒なので

 

ケースに入れっぱなしにしてみよかと笑

 

鶏ガラスープの素や片栗粉も同じようにすることにした

 

これだけでものすごく料理が楽

 

 

小麦粉ふりふりストッカー

 

f:id:yukane_naito:20221003090629j:image

 

目の細かい網がついてて

 

粉類をふりふりできちゃう優れもの

 

片栗粉に使ってみようかなと

 

スライム

f:id:yukane_naito:20221003090618j:image

 

子どもがおままごとで“料理“に凝ってるから

 

具材にいいかと笑

 

案の定大喜び

 

ローズマリー酵母づくりに挑戦

 

f:id:yukane_naito:20221003090612j:image

 

ローズマリー酵母作ってみることにした

パンを焼くときのイースト菌の代わりになるらしい

 

息子の幼稚園のPTA講座で「音楽と食の講座」ってのがあって

園長先生が話題になさってたので

 

この酵母で焼いたパンはチーズやワインにばっちり合うってきいて

チャレンジすることにした

 

徐々に発酵してるからこれは別記事でまとめるつもり

 

終わりに

 

何にせよ疲労を感じた時は

 

「ちょっと小休止」の時

 

育児や家事ってどうしても“ちょっと頑張っちゃう“ってのが積み重なっちゃうんだよね

 

子どもにとっての“今“って

 

本当に“今“しかないし

 

“今“私が頑張れば

 

子どもの成長にとってベターな経験をさせてあげられるかもしれない

 

なんて思っちゃったりして笑

 

 

家事も

 

例えば洗濯とか

 

溜めちゃうよりは

 

なるべく毎日やっといた方が楽な気がしたり

 

掃除とかも

 

ちょっと頑張るだけで

 

部屋が綺麗になるなら頑張ってしまいたくなるんだけど

 

 

塵も積もれば山となるとはよくいったもんで

 

自分自身が“無“になる時間をしっかり取らないとね

 

そういう時間

 

取ってるつもりだったよ

 

最近サンゲージングもやってるし

 

合わせて瞑想もしてるし

 

 

 

でもそれじゃ足らなかったみたい笑

 

 

 

そんなこともあるよね

 

ちょっと深呼吸しながら

 

少しピアノも含めていい感じにセーブしながら

 

過ごしていきたいと思う

 

それじゃまた

 

よかったら新月ピアノ観てみてね

 

 

 

 

フォーレ作曲「即興曲第4番」を暗譜してアップロードするまでをまとめてみた

先日

 

フォーレの即興曲第4番という曲を

暗譜でYouTubeにアップした

 

Twitterの「ぴあおさん」主催の“みんなで弾こう企画“に参加したためで

今回は“即興曲特集“

 

 

フォーレは19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの作曲家

時代としては古典的調性・・・

 

長調(例えばドレミファソラシド)

 

 

短調(例えばドレミ♭ファソラ(♭)シド)

 

が崩壊し始め

 

多調や無調の作品が試されていた時代

 

 

アール・ヌーヴォー的な優美な装飾を施した曲線を描くようなメロディラインも特徴

 

そんなフォーレの即興曲第4番は

 

出だしはちょっと気だるいかなって感じのアンニュイなテイストから始まるんだけど

 

いつの間にかこんこんと湧きでる清らかな湧水の中で戯れているかのような不思議な曲

 

 

 

今日は「みんなで弾こう企画」に提出した動画の紹介と

 

楽譜の分析から曲の理解・暗譜に至るまでのツイートをまとめてみた

 

「へー、こんなふうにやってんだなー」

 

とゆるーく眺めていただけたら嬉しい

 

f:id:yukane_naito:20220929105835j:image

 

 

フォーレ作曲 「即興曲第4番」の演奏動画

 

 

今回の企画で提出した動画

 

3声夫々のフレーズの出だしと終わりの作り込みがとても繊細な曲

 

臨時記号が多く頭がおかしくなりそうになりましたが素晴らしい

 

一生懸命弾いたので聴いてもらえると素直に嬉しい

 

 

 

 

楽譜の分析から曲の理解・暗譜に至るまでのツイートまとめ

 

この曲の練習に関するツイートをまとめてみたんだけど

 

途中で「即興曲」を「ノクターン」と言い間違えている箇所が多々あるので紛らわしくてすまそ

 

 

この曲に取り組むのは初めてで

 

7月中に一度ゆっくり初見で通したくらいだったかな

 

8月末にリストの曲をアップしたのでその後この曲に集中した

 

 

 

8/26 暗譜を効率的にやりたかったからまずは曲全体の形式を把握

 

 

8/30 和声分析&コード分析に入った

 

和声分析とは文字通り「和声的に分析すること」

ぶっちゃけ「このハーモニーは主調の音階の三和音の何番目に当たるのか?」を特定し

ハーモニーの変遷を把握すること

 

ざっくりいうと終止形を炙り出すだけでもかなり理解が深まる

・・・例えばサブドミナント(Ⅳの和音)からドミナント(Ⅰの和音)に移動するから“アーメン終止“だなとかね

 

 

和声的によくわからないところのはとにかくコードを特定するようにしてる

そうすると和声的に説明つかなくてもなんとなくのニュアンスを把握しやすい

 

和声分析もコード分析もせずに弾いてみて「こんな感じ」と自分の感性を信じてアプローチするのもOKだと思うが

私の場合は最近はやるようにしている

なぜなら暗譜に繋がるから

 

8/30

 

分析を黙々と行ってからゆっくり通すようにした

 

8/31

 

分析と細かな練習をスパイラル方式で進めていく

その時感じたインスピレーション・・・思い浮かんだ映像や情景をツイートなどでメモしておく

 

9/1

 

 

イレギュラなコードの進行があったらそのイレギュラさを思いっきり味わい楽しむ

9/2

 

各声部にに分けてフレーズを分析

フレーズの始まりと終わりを明確に把握する

9/4

 

本格的に暗譜開始

一番覚えにくそうなコーダ部分から着手するのが私の常套手段

テキストとかも最初ばかりやって最後まで到達しないケースはよく聞くじゃん?

それなら最後からやれば最初もやるもんね笑って考え

9/13

 

9/14 フランスものに対して感じることをメモ

 

9/15 なんとなく峠を越えた感覚になる

 

9/16 音間違えを訂正

 

9/17 暗譜中に子どもが乱入してきたからYouTubeにアップしてみた笑

 

9/18 暗譜録画

反省点や気づいたことをテロップで入れてみた

これで一通りの暗譜は済んだから定着&磨き上げのフェーズに入った

 

9/20 暗譜録画

ミスタッチ、疎かになってる強弱記号など基本的な部分をテロップでツッコミ入れてみた

 

9/21

 

9/22

 

9/22 基礎練が不十分なためタッチが荒れているのを反省

 

9/23 弱音はく

 

9/23 録画前日

 

終わりに

 

今回もものすごく勉強になった

臨時記号が多いのあり大変弾きにくい曲ではあるんだけど

弾き進めるうちに頭が休まっていくのがフォーレの曲の不思議な感じ

 

ラヴェルもそうなんだけど

フランスの作曲家の作品て「清らかな水」のイメージが根底にある気がする

 

そのせいか

細胞のひとつひとつに潤いが行き渡るかのような

不思議な心地よさを得られる

 

来月末はスクリャービンの幻想ソナタをアップする予定なので

お聴きいただけたら嬉しい

 

もちろん新月満月ピアノも

 

それじゃまたー

 

井の頭公園で北村西望氏の彫刻に燃えたぎる熱いものを感じた

先日家族で井の頭公園(正式には井の頭自然文化園)に行ってきた

 

園内には「彫刻園」もあり、北村西望の彫刻作品もある

 

長崎の平和祈念像の原型となった石膏像もある

 

以前鑑賞した時以上に深く深く感動を覚えたので

 

ブログに書いておきたい

 

井の頭公園にて

 

元々は園内にある小さな遊園地に子どもを連れて行くのが目的

 

当日は午後から弱い雨の予報で

 

午前の早めの時間に到着するようにした

 

ついた時は快晴

 

f:id:yukane_naito:20220923072821j:image

 

早めのお昼をいただく

園内のタイ料理レストラン「ペパカフェ フォレスト」にて


f:id:yukane_naito:20220923072906j:image

 

早速遊園地コーナーに向かおう
f:id:yukane_naito:20220923072847j:image
f:id:yukane_naito:20220923072837j:image

 

遊園地は園内にある動物園の中にあり

入り口で入場料を払う

 

入ってすぐに幼児が喜びそうなすべり台などがある
f:id:yukane_naito:20220923072843j:image

 

さらに奥には動物園があってさらに奥には遊園地コーナーが

 

一人一回100円の乗車券を買う

 

コーヒーカップ

電車

メリーゴーランド

 

そんな遊園地の王道的なものがあって幼児連れにはぴったり

 

それぞれが小ぶりなのもいい

 

昭和な感じがなんともいい

 

遊んでるうちに天気がぐずついてきたので帰ろうかとしたが

 

夫氏の希望もあり北村西望氏の彫刻館へ立ち寄ることに

 

 

気分良かったから自撮り笑

美肌アプリちょっぴり使用www
f:id:yukane_naito:20220923072857j:image

 

 

 

彫刻を観て深く感動

 

ここの彫刻を鑑賞するのは多分2回目

 

正直な話

 

彫刻はこれまであまり興味がなかった

 

だから

 

今回再び鑑賞しても

 

あまり感銘を受けないかな?と思っていたのだが

 

 

しかし

 

 

しかし

 

 

今回は違った

 

 

なぜか

 

深く感動した

 

 

以前鑑賞してから年月が経ち

 

出産もしたし

 

色々なことがあったから

 

私の心境や感性に変化があったのかもしれない

 

なにより

 

他人のクリエイトを鑑賞するという

 

高尚だけれどもある意味エネルギーを要する行為を受け入れる土台ができていたのかもしれない

 

 

ベートーヴェンの音楽のような

 

健康的なエネルギーを感じた

 

彫刻一つ一つ…とくに男性像に…大地と一体化した湧き上がるエネルギーが見えた

 

筋骨隆々の健康な肉体が大地の上に乗り大地と一体化することでエネルギーが循環しているのを感じた

 

彫刻の背後にボオオオと燃え上がる炎のようなオーラのようなものが見えた(気がする)

 

まさにる私が音楽で目指している表現の一つでもあり大変共感した

 

心の琴線に触れたとはこのことだ

 

北村西望氏のモニュメント

 

痛く感動したので

 

屋外の撮影可能なモニュメントをザーッと紹介する

 

ぜひみなさんもリアルで鑑賞することをお勧めする

 

 

師範代1920年

柔道の師範をモデルにしたそうだ
f:id:yukane_naito:20220923072805j:image

 

健康美1930年
f:id:yukane_naito:20220923072903j:image

 

建国の雄姿1926年
f:id:yukane_naito:20220923072809j:image

 

アダム1929年
f:id:yukane_naito:20220923072834j:image

 

怪傑日蓮1929年
f:id:yukane_naito:20220923072853j:image

 

静座1925年
f:id:yukane_naito:20220923072840j:image
f:id:yukane_naito:20220923072900j:image

 

人類の危機1958年

核戦争への危機感を表しているそうだ

現代こそあらためて見直すべき作品だと思う
f:id:yukane_naito:20220923072812j:image

 

加藤清正公1960年
f:id:yukane_naito:20220923072831j:image

 

以下はタイトルを控え忘れ名前不明
f:id:yukane_naito:20220923072828j:image
f:id:yukane_naito:20220923072850j:image
f:id:yukane_naito:20220923072825j:image
f:id:yukane_naito:20220923072815j:image

 

 

終わりに

最後は地元で一服して帰宅f:id:yukane_naito:20220923072818j:image

 

今回の井の頭公園訪問は大変大きな意味があると思う

 

真に共感する作品に出会うと魂が共感し

鑑賞者の中にエネルギーが湧き上がる

 

まさにそれを感じた

 

一方で

現代の彫刻家は作品を設置してもらう場所が限られてるのだとも想像した

 

 

なぜなら

これから新たにここまで大きな公園を作ることはない…または可能性は低いだろう

 

美術館なども同様だろう

 

施設を新たに作ったり整備するときの流れに乗って作品を設置してもらえた芸術家は本当に運が良いと思う

 

新たな芸術家の作品を期待を込めて鑑賞して行くこともとても大切なことだ

 

何はともあれ

深く共感する作品を鑑賞できたことは思いがけない驚きである

 

この感動を

今後の音楽における表現に活かしていきたい