内藤優花音のピアニスト日記

ピアノ 作曲 絵 気づき を 書き綴っています

アイヌの伝承音楽と踊りに触れた1日

f:id:yukane_naito:20170801192531j:image

 

多摩美術大学で
アイヌの伝承音楽と
踊りのワークショップに
参加してきました

 

写真は樺太アイヌの
トンコリという楽器に
触れさせてもらっているところ

 

踊りも歌も

大まかな「型」はあるんだけど

基本的には自由に

とにかく楽しむ

 

 

熱いエネルギーを感じました

 

 

三上敏視先生

ToyToy先生

どうもありがとうございました

 

以下

簡潔ではありますが

ワークショップのことを書かせていただきます

  

まずは体育館で踊りました!  

みんなで円になって踊りました

少し前のめりで膝を曲げた姿勢を維持するので

なかなかキツイ姿勢です

 

踊りながら左回りに進んでいきます

どうして左回りかというと

心臓のある方向だからだそうです

 

f:id:yukane_naito:20170802103334j:image

 

講師のToyToy先生がおっしゃるに

”アイヌの人たちは筋肉ではなく骨で動いていた”

とのこと

 

身体の真の力をフルに使って

生活していたのでしょうね

 

また以下のような意味のお話も伺いました

”円の間が空いているとそこからエネルギーが逃げてしまう”

”(ジャンプして大地を踏みしめたときの音が)邪気をはらう”

”なによりも信じることが大切”

 

このようなお話を伺うことで

アイヌの方々が

どのように考え

どのように生きてこられたか

垣間見ることができたような気がしました 

 

そして

この踊りが

ハードだけど

とっても楽しかった笑

 

◯疲れたら休んでよし

◯動きも小さくしても大きくしてもよし

◯とにかく楽しむ

 

このコンセプトがとても心地よかった♪

気持ちが高揚していきました

ずっとやってるとトランス状態になれるかもしれませんね

 

 

 

 

つづいて教室で歌と楽器についてお話いただきました

 

そして教室で

アイヌの楽器

ムックリ 

トンコリ

の実演を拝聴しました 

 

ムックリは本当にいろいろな音が出て

とっても楽しいですね

自分の口をサウンドホールにすることで

多種多様な響き・音色を創ることができるそうです

 

 

f:id:yukane_naito:20170802103346j:image

 

トンコリは樺太アイヌの弦楽器

本体は人の形をかたどっているといわれているそうです

本体の内部に小さな木の玉のようなものが入っていて

カラカラと音を立てていました 

ToyToy先生がおっしゃるに

「心臓」を現しているとのことでした

 

下の写真はトンコリの振動を

直に感じさせていただいているところ♪

写真右側はToyToy先生

 

f:id:yukane_naito:20170802103355j:image

 

さいごに

 

 

とても密度の濃いワークショップでした

参加させていただき感謝です

 

わたしは最近

無意識のうちに
”先住”の方々の

エネルギーに魅かれてるんです

 

今回のアイヌのワークショップに参加したのもそうですが

琉球

アステカ

マヤ

などなど

そういった人々の文化に

触れたいという気持ちがあります

 

それは
”自分自身のエネルギーを信じて疑わなかった時代”

が感じられるからだと思います


魅かれているときは

心の赴くまま

積極的に出かけようと思います 

 

 

今回のワークショップでは

本当に貴重な体験をさせていただきました

ありがとうございました