内藤優花音のピアニスト日記

[東京都国分寺]優しく力強いクラシック・オリジナル曲をお届けしています ☆このブログでは ピアノ 作曲 絵 気づき を 書き綴っています

フジ子・ヘミングさんとブダペストフィルの演奏会に行ってきました

先日、またまた演奏会に行ってきました。
自分の演奏会直前ではありますが、勉強のために( ´ ▽ ` )

 

フジ子・ヘミングさんとオーケストラの演奏会💖
フジ子さんのピアノコンチェルトを聴いてみたかったから。

 

f:id:yukane_naito:20171123093758j:image

 

オーケストラはね、ブダペスト・フィルハーモニーってとこでしたわ。

 

f:id:yukane_naito:20171123093816j:image

 

出だしはオーケストラの「こうもり序曲」。
これがまた熱燗…じゃない、圧巻でした!

自由な歌い回し、オーケストラ全般の一体感、クライマックスの高揚感といい、とっても素晴らしいオーケストラだと思いました!

 

そのあと、フジ子さん登場!
リストのピアコン2番でした。
オーケストラとピアノが互いに会話するように演奏が進んでいきます。
とても繊細な仕上がりだと思いました。

 

そして、指揮者が引っ込んで、フジ子さんのピアノソロ二曲。
ラフマニノフの前奏曲とリストのラ・カンパネラ。

 

フジ子さんのラフマニノフはなんだか水彩画のような滲み感があり、全体的にメランコリックでピュアな感じがしました。

 

後半はオーケストラのベートーベン「英雄」。
この曲はその昔、私も市民オーケストラで1stヴァイオリンで参加させていただいたことがあります。

 

アンコールのハンガリアン舞曲第5番、第6番が、これまた素晴らしかった!
こういう民族舞踊ってテンポが激しく変化するので、ぴったり息を合わせて、しかも自然に、それでいて高揚感のある演奏はなかなか聴けないという思います。

 

指揮者のマリオ・コシックさんの指揮も伸びやかで踊るようで観ていてほれぼれしました。

ブラボー💖

 

f:id:yukane_naito:20171123093833j:image

 

ひとりのピアニストの演奏を先日はソロで、今回はコンチェルト中心に聴かせていただき、とても勉強になりました。


オーケストラがこれまた素晴らしかったので、時間を作って聴かせていただき、本当に良かったと思いました。

 

皆さんも、たまにはクラシック、いかがですか?
とても心がスッキリ整理されていくような気がすると思いますよ( ´ ▽ ` )

 

 

 12月9日(土)の夜、西国分寺でピアノ演奏会を開きます!

アットホームな演奏会です。ご興味のある方、お気軽にお越しください♪

blog.yukane-naito.com