ピアノアーティスト内藤優花音の音楽大冒険

音楽で冒険を!魂の輝き・素晴らしさを思いだそう。作曲のヒントは自然との触れ合いから。

「52年」って大きな節目だと思うのと、自分の「設定」を変えてみて起こったこと

最近感じたことなのですが、「52年」って大きな節目なんだと思う。

 

最近私の周りの人で、体質の変化とか、ライフスタイルの変化などなど、大きな節目を迎えている方が多かったんです。

 

私がかつて在籍していた会社の先輩が先日他界されたり、ピアノ関係のお仲間が他界されたのですが、お二人とも52歳でいらっしゃいました。

その他、同じぐらいのお歳で体調を崩された方にもお会いしました。

今は亡き私の母も、52歳ごろから大きな転換がありました。 

 

偶然なのかもしれませんが、少し考えさせられました。

 

こういったことを踏まえ、あくまでも個人的にですが、52年というのは大きな節目の歳・・・と感じています。

 

ちなみに、「13の月の暦」では、52年で「還暦」と考えているそうです

 

余談ではありますが、昔は人生50年といわれていたせいか、50歳前後にいわゆる「厄年」は設定されていませんね。(60歳前後はあるみたいですが)

 

私が52歳を迎えるのは、もう少し先ですが、その時どんな風になっているのか、楽しみなような、ちょっとドキドキするような気持ちです。

 

私が常に頭の片隅においているのは、「人生いつ終わるかわからない」ということ。

だからこそ、やり残しのないようにしよう・・・そう心がけています。

なかなか、思い通りに進められない場合もありますが、それでも悔いのないように過ごしていきたいものです。

そう思うからこそ、私は最近焦っていたんです。

 

「オリジナル曲のCDを予定の期日に発売しよう」

 

当初設定した期日を守るため、オリジナル曲やCDを想像するプロセスを楽しむということを、おざなりにしていたような気がします。

 

のんびりしすぎも考えものですが、焦りすぎるのもよくないですね(笑)。

 

焦って自分を追い込みすぎると苦しくなってしまうし、大切な情報やインスピレーションを取りこぼしてしまうこともあります。

 

数日前、少し反省し、「期日は少し先延ばしにしてもOKだよ」と自分に言い聞かせました。

 

つまり、自分自身の設定を変えたんです。

 

「自分で決めた発売日は死守すべし」

「発売日はCD制作の進み具合に応じて発表すればOK」

 

こんなふうに、設定を変えたんです。

 

すると、面白いことに、しばらくスランプ気味だったCD制作の準備がするすると進み始めました。

 

◯仕上げ中の曲の見通しがたちました!

◯CDジャケットの印刷をお願いする業者さんが見つかりました!(これまで検討していた業者さん以上にフィットしそうなんです!)

 

これぞ、設定を変えたおかげだと思う(*^_^*)

 

毎日を大切に、そして心地よく過ごしていけば、結果はあとからついてくるんだと思います!

そうだよ、きっとそう(*^_^*)!

長い記事になってしまいましたが、お読みくださりありがとうございました。