ピアノアーティスト内藤優花音の音楽大冒険

音楽で冒険を!魂の輝き・素晴らしさを思いだそう。作曲のヒントは自然との触れ合いから。

【いわさきちひろ美術館を訪ねて】

【いわさきちひろ美術館を訪ねて】

 

長野県安曇野はいわさきちひろ美術館を訪れた

 

f:id:yukane_naito:20180502162811j:image

 

いわさきちひろさんの絵と言うと
どうしても戦争の記憶と結びつく


小学校の時の図書館にあった絵本で
確か戦争を題材にしたものがあり

岩崎ちひろさんが挿絵を担当していたものの印象が強烈だったからだと思う

 

f:id:yukane_naito:20180502170823j:image

 

私の印象だと
岩崎さんの作品の子どもたちは
どこかこの世のものでは無い子供たちも含めて表現しているように思う

 

f:id:yukane_naito:20180502170835j:image

 

その作品の根底には
静かな怒り悲しみ絶望感があると
私は感じていた

 

そんなわけで
これまで
いわさきちひろさんの作品には
向き合うことを避けてきた

 

向き合うと私が苦しくなって
耐えられないからだ

 

今回の美術館の訪問で
原画とともに岩崎さんの経験など
読ませていただき
作品の根底に流れる悲しみに対し
とても腑に落ちるものを感じた

 

美術館のショップでは
高見澤淳子さんとおっしゃるピアニスト・作曲家の即興曲集のCDを買った

 

f:id:yukane_naito:20180502170942j:image

 

美術館の展示の中のBGMが収録されているとのこと


ニュートラルで心地よい響きだったので
家でも聴いてみたいと思った

 

高見澤淳子さんのHPを拝見したが
「自分たちの手の届く範囲で活動している」
との記述があり共感した

 

僭越ながら私も同じ
手の届く範囲で無理せず気楽に
というのが今の私が行き着いたモットーなのだ